住宅ローンの督促がきたら

住宅ローンは銀行から引き落としになっている場合がほとんどですが、残高不足で延滞になってしまうことはよくあります。
銀行から督促のはがきが届くはずです。

あなたはあわてて入金に行くことでしょう。
もちろん、ここですぐに払うことができれば延滞の影響はほとんどありません。
しかし、支払うお金がなくて、途方に暮れてしまっている場合にはちょっと深刻です。
督促状を無視していると、今度は電話がかかってくるでしょう。
借金の督促に慣れていない人にとっては、非常に大きなストレスとなります。
督促に慣れていたとしても、問題は解決しません。
まず、やるべきことは銀行に行って相談することです。
督促状が来たのだけど理由があって支払いができない状態であることを、正直に説明しましょう。
住宅ローンを組んだ時点では支払えるはずの計画を立てていたでしょう。
その計画のどこが狂ってしまったのかを説明できれば、銀行の担当者も親身になって相談に乗ってくれるはずです。
返済計画の見直しをすることで、あなたも毎月の支払い額を減らすことができますし、銀行としてもメリットがあります。
銀行は高利貸しのような真似はしません。
払うお金がない人から無理やり取り立てても後が続かないとわかっているからです。
住宅ローンの返済は10年以上です。
返済の計画を立てなければ、すぐに行き詰まってしまうのです。
自分の人生計画の一部として住宅ローンの返済計画を立てなければなりません。
福島県で家を売る